治療で完治を目指す|更年期障害等の症状を克服!

足の静脈の病気とは

医者

下肢静脈瘤は、ふくらはぎの静脈がつまり血管がコブのように膨らんだものです。良性のものが多いのですが放置すると重症化します。治療には弾性ストッキングを使う方法や薬液を注射する場合があります。重症の場合は手術が必要になるので気になるなら大阪のクリニックに相談することが大切です。

読んでみよう

我慢しないことが大切

お花

摂食障害の治療は、医師や周囲のサポートが必要不可欠です。症状に自覚がある場合は、内科や精神科に相談しましょう。自己治療を行う際には、規則正しい食生活に加え、症状が治まるまで食べ物を制限しないことが大切です。またうつなどの精神症状を併発している場合も、心療内科や精神科に相談しましょう。

読んでみよう

脊柱の難病

お花

国に難病指定されている脊柱管狭窄症は、中年以降の男性に多く発症する、神経障害が起こる疾患です。年々患者数が増加しており、これからは若者にも増えていくだろうと見られています。治療法はいくつかありますが、中でもリハビリが有効だという見方があります。

読んでみよう

性ホルモンの低下が原因

医者

男性の症状

更年期障害というと、女性が悩む様々な症状というイメージがありますが、実際には更年期障害は女性だけではなく男性も様々な症状があらわれることもあります。更年期障害の原因は、性ホルモンの低下です。しかし、男性の場合には加齢による体の変化や精神的ストレスなどもその要因になるとされています。女性の場合には、性ホルモンの変化が急激で、症状も分かりやすいのですが、男性の場合はホルモンの変化が女性に比べて緩やかであり、症状が気が付きにくいという特徴があります。適切な治療を行わなければ、二次障害が見られることもありますので、注意が必要です。更年期障害は、女性だけではなく男性もなるということを理解する必要があるでしょう。

専門クリニックに相談

男性の更年期障害に対する治療法は、減少したホルモンを補充する方法、漢方薬を使用した方法、抗うつ剤を使用した方法などがあります。症状や希望によっては、複数の治療法を組み合わせて行うこともあります。最近では、更年期障害の治療を専門的に行なっているクリニックもありますので、そのような所を訪れても良いでしょう。性ホルモンが低下するということを防ぐことは出来ません。しかし、ストレスを溜めないようにする、ゆっくりと休むようにするということで、症状を和らげることが出来る可能性はあります。やる気が無い・だるさを感じるなどの症状を感じた場合には、泌尿器科に相談すると良いでしょう。ガマンしないということが大切になります。