治療で完治を目指す|更年期障害等の症状を克服!

足の静脈の病気とは

医者

血管がコブ状になる

下肢静脈瘤は、ふくらはぎの足の静脈の血管が詰まってコブのようになる病気です。症状としては、ミミズのように血管が膨らむ場合や蜘蛛の巣状に広がる場合もあり様々です。これは良性の病気ですが、足のだるさやむくみなどを伴います。また、こむら返りや足がつったりすることもあり、症状がひどくなるど痛みや湿疹が起こり皮膚が破れる場合もあるのです。その場合は早急にクリニックでの治療が必要になります。大阪には下肢静脈瘤専門のクリニックがたくさんあります。簡単な治療では加圧式の弾性ストッキングを着用して血管を抑える方法があり、これで静脈に血液がたまるのを防ぐのです。このストッキングは、大阪ではクリニックの治療の一つとして使われています。

様々な治療法

大阪のクリニックでの下肢静脈瘤の治療は、硬化療法という方法も使われています。これはコブに薬液を注射して固めるとそれが自然に体内に吸収されてしまいます。そうしてコブを無くし綺麗な足にする治療法でこれも軽い症状の場合に行われています。重い症状の場合は、静脈を切断してワイヤーを入れそれを静脈ごと引き抜くストリッピング手術が行われます。これは下肢静脈瘤の手術では代表的なものです。ほかにレーザーや高周波を使った治療などもあります。大阪には下肢静脈瘤の名医と言われる医師がたくさんいます。良性のものでも気になる場合は医師に相談して治療を受けることが大切です。放置しておくと重症化して取り返しのつかないことになりかねません。