治療で完治を目指す|更年期障害等の症状を克服!

我慢しないことが大切

お花

我慢しないことが大切

摂食障害の症状は、主に拒食症と過食症に分けられます。そのうち過食症の治療についてご紹介いたします。過食症の治療のためには、規則正しい食生活に加えて、食べたいものを我慢しないことが大切です。過食症の人は、食べたいものを全て食べているように見えて、実はとても我慢しています。体重を気にするあまり、特定の食品に対して我慢を重ねることが、逆にストレスとなっていて、その反動で過食に走ってしまうのです。過食はストレス解消の方法の1つですが、過食症の状態にある人は、過食することでストレスを解消することはできません。食後に強い罪悪感と後悔に見舞われるため、逆にストレスを強めてしまうからです。それが悪循環となり、次の過食へと繋がります。過食症の治療のためには、我慢を止めることが大切なのです。

医師や周囲の援助が必要

摂食障害の中でも、過食症の治療については、我慢しないことが大切です。食べたいものを、食べたいときに食べるように心がけましょう。その際には、健康状態を気にすることも、摂食障害を続けるよりはマシだと考えて、一時的に忘れてしまうのが良いでしょう。また過食症の人は、人前に出たがらない傾向があります。自尊心が低下しているため、人と会うのが苦痛になるからです。そのような状態が続いている人の中には、うつ病などの精神症状が見られる人もいます。うつ病を併発している場合は、精神科・心療内科を受診しましょう。摂食障害は医師や周囲のサポートが必要不可欠です。症状に自覚がある場合は、早い段階で内科・精神科に相談するようにしましょう。